レーシックを受ける最適な年齢とその理由

レーシックを受ける最適な年齢

「レーシックを受けたいけれど、若すぎると良くないって本当?」

「40を過ぎているから、もう遅いかな?」

そんなふうに、年齢のことでレーシックを受けるかどうか悩んでいる方もいると思います。

確かに、レーシックは年齢と深い関わりがあり、何歳でも受けられるわけではありません。主に安全性や効果の面から、レーシックを受けるのに適した年齢があるのは事実です。

ここでは、レーシックを受ける最適な年齢と、その理由について解説していきます。

レーシックは何歳から受けられる?下限年齢

まず、レーシックは何歳から受けられるかですが、これは日本眼科学会のガイドラインで明確に「18歳以上」と定められています。

日本眼科学会「屈折矯正手術のガイドライン」をキャプチャ

実際、レーシックを行なう眼科のホームページを見ても、対象年齢は18歳以上となっていることが多いです。

ただし、眼科によっては18歳未満でも、就職や資格取得などの理由で裸眼視力を良くする必要がある場合は、例外的にレーシックを行なうこともあります。

たとえば品川近視クリニックのホームページには、「18歳未満でも職業選択上の理由により良好な裸眼視力が必要な方には、手術後の近視の進行による視力低下の可能性を予めご了承頂き、保護者の同意のもとでレーシック手術をお受け頂くことは可能です。」との記載があります。

なぜ18歳以上が推奨されているのかというと、品川近視クリニックの説明通り「成長期はまだ近視が進行する可能性が高いから」です。

近視は、小学生のころから始まる「早発性」と、中高生のころから始まる「遅発性」があります。この遅発性近視が、日本眼科学会のガイドラインにもある「late onset myopia」です。早発性は中高生くらいで進行が止まることが多いのに対し、遅発性は20代に入ってからも進行します。

特に最近は、スマホやパソコン、TVゲームなどの影響で、近視が進行する年齢が昔より延びているともいわれています。

レーシックは、受ける時点での視力を矯正するための治療であり、その後の近視の進行を防ぐ効果はありません。ですから、あまり早い年齢から受けても、そこから近視が進行して視力が大きく下がってしまう可能性があるのです。

このような理由で、レーシックは原則18歳からとなっていますが、本当は「20歳以上のほうが望ましい」と考える医師もいます。眼科によって下限年齢が異なりますので、事前に確認しましょう。

レーシックは何歳まで受けられる?上限年齢

次に、レーシックは何歳まで受けられるかですが、日本眼科学会のガイドラインでは上限年齢は特に定められていません。

ただし、以下の2点を考慮する必要があります。

40歳以上の人は「老眼」との関係を考える

40歳以上になると、老眼の症状が出てきます。老眼は、加齢によって水晶体の柔軟性が失われることで、手元が見えにくくなる症状です。

しかし近視の人の場合、もともと近くにピントが合いやすい状態になっているために、正視の人に比べると老眼を自覚しにくい傾向があります。

よく「目が悪い人は老眼になりにくい」といわれるのは、これが原因です。実際には、加齢によって水晶体は硬くなっていくのですが、遠くにピントが合っている人(目がいい人)に比べると気づきにくい、ということですね。

ただ、そんな近視の人がレーシックを受けて遠くが見えるようになると、今度は老眼を自覚しやすくなります。よく「レーシックを受けると老眼が早まる」といわれるのは、レーシックによって遠くにピントが合うようになったことで、老眼症状に気づきやすくなることが原因なのです。

このような理由から、40歳以上の人はレーシックを受けるメリットとデメリットをよく知った上で、慎重に判断することが推奨されています。たとえば仕事上、近くより遠くを見る機会の多い人であれば、レーシックを受けるメリットは大きいでしょう。

また、「近くを見る時は老眼鏡をかければいいから、普段は遠くがよく見える状態でいたい」という人も、レーシックを検討する価値はあります。

今は老眼の自覚がない方でも、レーシックを受けると急に症状が出てくることもありますので、事前に十分な検査を受けることが大切です。

【詳細】レーシックをすると老眼にならない?もしくは早まる?何が本当?

60歳以上の人は「白内障」との関係を考える

日本眼科学会のガイドラインでは、レーシックの上限年齢は定められていませんが、実際は「60~65歳」に設定する眼科が多くみられます。これは、主に白内障のリスクを考慮してのことです。

白内障は、水晶体が濁ることで視力が低下したり、視界がまぶしくなったりする病気です。加齢とともに発症率が上がり、60代では程度の差こそあれ、8割の人が発症するともいわれています。

白内障は、一度発症すると元には戻らないため、濁った水晶体を取って、代わりに眼内レンズを入れる手術が必要です。しかし、このレンズは患者さんに適した度数のものを使うことが好ましいのですが、レーシックを受けた人の角膜は変化しているため、度数のズレが起こることがあります。

このような理由で、60歳を過ぎた人のレーシックに対しては慎重になる医師が多いです。もちろん、現在すでに白内障の症状がある場合は、不適応となります。

ただし、眼科によっては現在症状がない方であれば、適応検査を受けた上でレーシックを行なうこともありますので、60歳以上の方は相談してみてください。

結論:レーシックに最適な年齢は25~40歳くらいまで!

以上を踏まえますと、レーシックを受ける最適な年齢は「25~40歳」くらいだと考えられます。

日本眼科学会のガイドラインでは「18歳以上」とされていますが、20代半ばごろまでは近視が進行することも多いことを考えますと、できれば20歳以上、余裕をみて25歳以上で受けたほうが、レーシックの効果を最大限に得られるのではないかと思います。

ただ、就職などで裸眼視力を上げる必要のある方もいると思いますので、その場合は就職活動の前に受けたほうがいいでしょう。

一方、老眼や白内障のリスクを考えますと、上限は一応40歳ごろということになります。「自分はまだ老眼じゃないし」と思っていても、レーシックを受けたら途端に手元が見えにくくなる可能性もありますし、遅かれ早かれ老眼はやってくるのです。

もちろん、人によっては老眼鏡を使ってでも遠くが見えたほうがいい場合もありますので、そこはそれぞれの事情や希望を考慮して、ということになります。

ただ、20代・30代の方がいずれレーシックを受けることを考えているのなら、40代を迎える前に受けたほうが望ましいでしょう。

東京都内の人気クリニック(眼科)のレーシック対象年齢

最後に参考として、当サイトでご紹介している東京都内の人気眼科が、何歳から何歳までをレーシックの対象としているのかをご紹介します。

クリニック名 下限年齢 上限年齢
品川近視クリニック 18歳 65歳
新宿近視クリニック 18歳
杉田眼科クリニック 20歳 白内障が出ていない方

品川近視クリニックでは、原則18歳からとなっていますが、上でもご紹介したように「職業選択に係る事情がある場合に限り、18歳未満でも可」としています。

新宿近視クリニックでは、上限年齢は特に定めておらず、「60歳以上の方でも検査で問題なければ手術可能」です。

葛飾区の杉田眼科クリニックでは、下は原則20歳以上で、上は白内障が出ていない方となっています。

他の眼科でも、おおむねこのような設定になっていると思われますが、もし対象年齢外でも事情があってレーシックを希望する方は、一度相談してみることをおすすめします。

おすすめランキング