分厚いメガネよさらば!レーシックで乱視は矯正できるの?

レーシックで乱視は矯正できるの?

「乱視のせいで分厚いメガネをしないといけなくて、本当にイヤ!」

「メガネやコンタクトレンズを使わずに生活がしたい!」

物がブレたりぼやけて見えたりする「乱視」。乱視軸(乱視の角度)によっては、メガネのレンズがかなり分厚くなってしまいますし、ただの近視に比べるとコンタクトレンズでの調整が難しいこともあります。

そこで気になるのが、「乱視をレーシックで治すことはできるのか?」ということ。レーシックというと近視のイメージがありますが、実際は乱視も矯正が可能です!

レーシックの乱視矯正について、くわしく解説していきます。

乱視とは

乱視とは、「角膜」や「水晶体」にゆがみがあることで焦点がうまく結ばない状態のことです。その結果、物がブレたりぼやけたりして見えます。

乱視は、「正乱視」と「不正乱視」の2種類に大きく分かれますが、一般的に乱視といえば「正乱視」を指します。通常はサッカーボールのようにきれいな球体をしている角膜や水晶体が、ラグビーボールのような楕円形になってしまっていることが原因です。

そうすると焦点が一点に集まらなくなるため、ピントが合わなくなります。ただし、正乱視はメガネやコンタクトレンズでの矯正が可能です。

一方、不正乱視は病気や外傷などによって生じる乱視で、角膜の表面に凹凸があったり、一部が突出したりすることで正常な像が結ばれない状態をいいます。人によってゆがみ方が異なるため、メガネやソフトコンタクトレンズでは十分な矯正が難しく、ハードコンタクトレンズを使用する方が多いです。

また、多くの人は乱視単独ではなく、近視や遠視も合併しています。

レーシックで乱視を治す方法・メカニズム

不便な乱視ですが、実は正乱視であっても不正乱視であっても、レーシックで矯正することができます!メガネやコンタクトレンズがうっとうしい方や、合わない方には希望のもてる治療法です。

治療の内容は、正乱視と不正乱視で少し異なります。

正乱視の場合

正乱視の場合は、通常のレーシックで治療できます。

レーシックは、角膜の一部をエキシマレーザーで削り、カーブを変えることで屈折異常を矯正する治療です。その際、角膜の表面を薄く削り取って、「フラップ」というフタのようなものを作成しますが、このフラップの作り方によって「LASEK(ラセック)」や「イントラレーシック」など、いくつかの種類に分かれます。

通常の近視や遠視の場合は、レーザーを円形に照射して角膜のカーブを均等にしますが、正乱視がある場合は楕円形に照射する点が特徴です。こうすることで、バラバラになった焦点を1つにまとめることができます。もちろん、近視や遠視の治療と同時に行なうことも可能です。

不正乱視の場合

不正乱視では、人によって角膜のゆがみ方が違うため、個々に合わせたオーダーメイドの治療が必要になります。

そこで推奨されているのが、「ウェーブフロントレーシック」や「トポガイドレーシック」と呼ばれる治療法です。これらは、角膜の状態をコンピュータが詳細に解析した上で、特にゆがみの強い箇所にレーザーを集中的に照射できる機器を使っているため、不正乱視の人でも改善できる可能性があります。

また、レーシックの代表的な後遺症の1つである「ハロー・グレア(夜間の光がにじんだり、まぶしくなったりする現象)」が起こりにくい点も特長です。

レーシックで矯正できない乱視とは?

裸眼で生活できる、夢のようなレーシックですが、以下の人は適応とならない可能性があります。

  • 乱視度数が「-00D」を超える人
  • 18歳未満の人
  • 角膜の厚みが十分にない人
  • 強度の不正乱視の人

レーシックは角膜を削り取る治療ですので、矯正できる度数には限度があります。近視度数と同様、乱視度数も-6.00Dを超える場合は十分に矯正できない可能性があるため、レーシックの適応とならないことがあります。また、角膜の厚みが十分ではない人も対象外です。

その他、まだ屈折率が安定していない18歳未満の人や、強度の不正乱視がある人もレーシックを受けられない場合があります。

【詳細】レーシックを受ける最適な年齢とその理由

レーシックの乱視矯正にかかる費用相場

乱視であれ何であれ、レーシックの治療に健康保険は一切適用されません。検査代から手術代、術後の検診代に至るまで、レーシックにかかる費用はすべて自己負担となります。

こうした自由診療の費用は、保険診療と違って各医療機関が自由に設定できるため、受ける病院によっても料金はまちまちです。いくつかの病院の料金を調べたところ、手術の種類別の費用相場は以下のようになりました。

乱視のタイプ 手術の種類 費用相場
正乱視 LASIK(スタンダードレーシック) 7万円~20万円
イントラレーシック 15万円~40万円
LASEK・PRK 20万円~40万円
不正乱視 ウェーブフロントレーシック 40万円~50万円

もっともスタンダードなレーシックの場合、安いところでは10万円以下で受けられます。たとえば品川近視クリニックでは、スタンダードレーシック(両眼)を6.9万円という業界最安値で提供中です。

ただ、全体的には「20万円~50万円」の間が多くなっています。特に不正乱視も治療できる「ウェーブフロントレーシック」などの最先端の治療は、40万円以上かかるところが多いです。

事前にしっかりと検査や説明を受け、納得した上で受けるようにしましょう。

レーシック手術後に乱視が戻る可能性はある?

レーシックを受けた後、乱視が残ったり、または多少戻ったりすることはあり得ます。ほとんどの場合は、自力で調節できる程度のわずかなものです。

ただし、年齢とともに自己調節能力が弱くなり、見え方に影響してくる可能性もあります。その場合は、再手術を検討することになりますので、再手術の保証については事前にしっかり確認しておくことが大切です。

【詳細】レーシックで失明は本当?デメリットや後遺症について

乱視とともにみなさんきになるのが老眼にはどうなのか?

レーシックを受けて気になるのが老眼にはどうなのか?という事です。

結論からいうと、レーシックによって老眼にならないということではありませんが、自覚しやすくなる傾向はあるようです。詳しくは下記記事をお読みください。

【詳細】レーシックをすると老眼にならない?もしくは早まる?何が本当?

おすすめランキング