レーシックをすると老眼にならない?もしくは早まる?何が本当?

レーシックをすると老眼にならない

「レーシックを受けると老眼にならないって、本当?」

「え?私は老眼が早まるって聞いたけれど…」

このように、レーシックと老眼に関してはさまざまなウワサが流れています。しかし、その多くは間違いで、レーシックが老眼を防いだり早めたりすることはありません!

ただし、レーシックを受けると「急に老眼になった!」と感じることはあり得ます。それはなぜなのか、レーシックと老眼の関係について正しい情報をお伝えしていきます。

老眼とは?普通の「遠視」とは何が違う?

老眼と遠視は、どちらも「近くが見えにくい」ことから混同されがちなのですが、両者は原因が異なります。

まずは、私たちが物を見るメカニズムからおさらいしておきましょう。目に入ってきた光は、「角膜」と「水晶体」を通って角度を変え(屈折)、「網膜」に到達します。角膜と水晶体は、カメラでいうとレンズ、網膜はフィルムにあたる部分です。

カメラのピントが合うためには、レンズが前後に動いて調節しますが、目の場合は水晶体がその役割を担っています。水晶体が厚みを適宜変えることによって、網膜にはっきりとした像が映し出されるのです。

水晶体は、通常時は薄くなっており、遠くを見やすい状態になっています。そして、近くを見る際に厚みを増して調整するようになっています。

遠視とは

遠視は、網膜の後方でピントが合ってしまっている状態です。逆に、網膜より前でピントが合ってしまう状態を「近視」といいます。

遠視の原因は主に2つあり、1つは角膜から網膜までの長さ(眼軸長)が正常よりも長いことによるもの(軸性遠視)、もう1つは角膜や水晶体の屈折力が弱すぎることによるもの(屈折性遠視)です。

網膜の後ろでピントが合う遠視では、遠くを見る時は少しの調節で済むためまだ見えやすいのですが、近くを見る時には強い調節が必要であることから、「近くが見えにくい」状態になります。

老眼とは

老眼は、老化によって水晶体の弾力性が弱まり、ピントが合いにくくなった状態のことです。

先にご説明したように、私たちが近くの物を見るためには、水晶体が厚みを増す必要があります。しかし、40歳を過ぎたころから水晶体が硬くなり、その調節がしにくくなってしまうのです。つまり、遠視は「屈折異常」ですが、老眼は「調整異常」だといえるでしょう。

ちなみに、「近視の人は老眼になりにくい」といわれますが、正確にはそうではありません。近視の人は、遠視とは逆で「網膜の前方で焦点が合っている」ため、水晶体が調整しなくても、もともと近いところにピントが合いやすいのです。

近視の人も加齢によって水晶体の調整力は低下するのですが、それを自覚しにくい、ということですね。

レーシックを受けると老眼にならないって本当?それとも早まる?

上でご説明したように、老眼は「老化による水晶体の調整力の低下」が原因で起きます。

そこでレーシックですが、レーシックは角膜の表面を削ることで屈折率を変える治療法です。決して水晶体にまで影響を及ぼすようなものではありませんので、老眼とは何の関係もない、ということになります。

ただ、「レーシックを受けると老眼を自覚しやすくなる」のは事実です。これまで近くにピントが合っていた近視の人が、レーシックによって遠くにピントが合うようになったことで、近視でも遠視でもない「正視」の人と同じ状態になります。そうなって初めて、近くが見えにくいことを自覚するようになるのです。

つまり、レーシックによって老眼が進行したわけではなく、水晶体の調整力はもともと弱まっていたけれども今まで気づかなかった、ということですね。

老眼が始まる40代以降は、レーシックに慎重になるべき?

ここまでご説明したように、レーシックと老眼には直接の因果関係はありません。しかし、「レーシックで遠くが見えやすくなると、老眼を自覚しやすくなる」ことは事実です。

そのため、多くの眼科では「40歳を過ぎた人は、レーシックを受けるべきかどうかよく考えましょう」とアドバイスしています。たとえば仕事上、近くより遠くを見ることが多く、「近くが見えにくい場合は老眼鏡を使用すればOK」という考えの人であれば、40代以降でもレーシックを受ける意味はあると思われます。

さらに60歳以上になると、今度は白内障のリスクが高くなりますので、そのことも考慮に入れる必要が出てきます。白内障の治療では、濁ってしまった水晶体の代わりに眼内レンズを入れますが、レーシックの治療を受けた人は、その度数を正確に測定できなくなってしまうのです。そのこともあって、眼科の中にはレーシックの対象年齢を65歳くらいまでに設定しているところが多くみられます。

ですから40歳以降の人は、現在の自分の年齢や、老眼の状態、目に他の異常はないかどうか、また自分の仕事や日常生活などを総合的に考えた上で、レーシックを受けるべきかどうかを慎重に判断しましょう。

【詳細】レーシックを受ける最適な年齢とその理由

老眼も「モノビジョン法」ならレーシックで治療できる!

レーシックは基本的に、近視・遠視・乱視を矯正するための治療であり、老眼は治せません。というのも、レーシックは角膜を削ることで屈折率を変える、つまり「屈折異常による視力低下を改善する治療」だからです。

一方、老眼は水晶体の老化による「調整異常」が原因です。レーシックで水晶体を若返らせることはできません。

ただし、最近は老眼の人でも受けられるレーシックが登場しています。正確には老眼を治すというよりは、「遠近両用の目」を作るための治療で、「モノビジョン法」と呼ばれるものです。

通常のレーシックでは、左右の視力をそろえますが、モノビジョン法ではあえて両目に度数の差をつけます。一般的には利き目の視力を良くして遠くが見えやすいようにし、もう一方の目は視力を低めにして、近くを見えやすい状態にします。

こうすると、通常は利き目が優位にはたらくため遠くが見えやすくなり、手元を見る際にはもう片方の目で近くにピントを合わせることができるのです。

この見え方に慣れるまでに、少し時間がかかりますが、慣れるとメガネをほぼ使わずに生活できるようになります。ただし、長時間の運転や細かい作業をする人には合わないといわれますので、事前によく説明を受けた上で判断することが大切です。

老眼とともに気になるのが乱視にはどうなのか?

老眼とともにみなさん気になるのが「乱視は矯正できるの?」ということです。

結論を言うと、レーシックは乱視に効果絶大なのですが、詳しくは下記記事をお読みください。

【詳細】分厚いメガネよさらば!レーシックで乱視は矯正できるの?

おすすめランキング